コーヒー通必見!通販でお買い物!!

珈琲喫茶

コーヒーの美味しさは焙煎によって生まれます

収穫したばかりの生豆は、味も香りもほとんど無く、色は緑がかった薄いベージュという感じです。
火で煎ることにより、独特の香ばしい香りと酸味、苦みというコーヒー独特の風味が出て来ます。
焙煎の段階によって、味と香りは変わって来ます。
どんな飲み方をするかで、どんな焙煎のものを選べば良いのかが決まってきます。
焙煎には8種類の段階があり、大まかに分類すると浅煎り、中煎り、深煎りの3種類に分けられます。
浅煎りのものほど酸味が強く、豆の色も薄い茶色で、深煎りのものほど苦みが強く、豆の色も黒に近くなり、豆から出る油で表面が光っています。
浅煎りはコクと香りがまだ十分に出ていないのであまり飲まれることがありません。
中煎りのミディアムローストはアメリカンに向く濃さで酸味が強く、家庭や喫茶店で飲まれるレギュラーコーヒーはハイローストとシティローストです。
深煎りのフルシティローストは炭火焼きと呼ばれるものやアイスコーヒー向けのもの、フレンチローストはカフェオレなどに向き、苦みと独特の香りがあります。
イタリアンローストはエスプレッソやカプチーノ向きで強い苦みに特徴があります。

コーヒーの味を決める焙煎

コーヒーの風味を決める最大のポイントは豆の焙煎にあります。
同じ銘柄でも煎り方が違うだけで味はがらりとかわるのです。
焙煎の度合いの特徴をマスターすることで自分の好みのコーヒーを探すことができます。
香りが高く酸味が強い浅煎りは浅すぎると味も香りも充分に出なくなるものです。
いわゆるアメリカンコーヒーとは浅煎りタイプの豆でいれたもので、西部開拓時代からの伝統になります。
ロースト段階がライトのものは最も浅い煎りになりますが、実用ではほとんどなくテスト用に使われるものです。
約12分半のロースト段階のものはシナモンといわれ強い酸味がありコクや苦みはなくアメリカ西部で好まれているものになります。
また、多くの豆が個性を発揮しやすいのが中煎りで、幅が広くブルーマウンテンは浅めの中煎りだと風味がよく、ブラジルやコロンビアなどは中の中煎りがいいとされています。
ロースト時間は15分から17分超でミディアムは香りがよくまろやかな酸味、ハイは苦みのバランスがとれていて、シティは酸味が感じにくく苦みが勝るという具合でブレンドにもストレートにも適しているのです。

おすすめWEBサイト 5選

オーダーカーテン 東京

Last update:2017/8/31

『コーヒー 焙煎』
最新ツイート

@m_r_akm

コーヒー通ニレ吉みたいなブログの人が「生憎の曇天だが味のブレが無い店こそ真の『珈琲専門店』である。本日、小生は喫茶ポアロにやって参りました。自家焙煎のサイフォンと聞けば俄然期待も膨らむ。まずはブレンドを。香り良し、掴みはOK。」と… https://t.co/UZqge3Vfhd

15分前 - 2017年12月16日


@silverfaxx

エチオピアはゲシャ・ビレッジ農園のゲイシャ種コーヒー。ドリップ時ですでに特長的な柑橘の香り。期待を持って一口飲んだが、素晴らしい。エスメラルダ農園の非オークション品のボケテに迫る味。焙煎による膨らみも大きい。明日が楽しみ。甘味もあ… https://t.co/ceFgmTQbpM

17分前 - 2017年12月16日



上へ▲