コーヒー通必見!通販でお買い物!!

珈琲喫茶

家庭でコーヒー豆の風味を長持ちさせるための工夫について

コーヒー豆は空気に触れると酸化されて風味が低下してしまう特徴があります。
特に挽いた豆は表面積が広くなることから酸化が急激に進みやすくなるので保管の方法に注意する必要があります。
家庭でコーヒーの風味を保つためには空気や様々な刺激に晒されないように工夫を施すことが重要になります。
コーヒー豆は空気中の匂いを吸収しやすい性質があることから、様々な食材が保管されている冷蔵庫の使用は避ける必要があります。
また、日光に晒されることでも劣化が促進される点を注意します。
通気性が良く匂いが移りにくい冷暗所に保管することが最も重要なポイントですが、大量に購入しすると使い切れずに傷めてしまうことがあります。
そのため、購入する際は使い切れる量だけを少しずつ小分けにすることが風味を保つための心得です。
特に小売店で売られている焙煎済みの製品は製造や輸送の段階で空気に触れていることから、購入の際には消費の頻度を考慮することが大切です。

コーヒー豆の種類や銘柄・歴史について

コーヒーは世界中で最も飲まれている飲料の一つで、アフリカ大陸で発見され、当時は薬として使用されていました。
消化や強心、利尿効果があり、コーヒーに含まれるカフェインには、胃の分泌を活発にさせ、食後に飲む事で胃の働きが促進され消化が進みます。
また、豊富な抗酸化物質が含まれており、肌の張りや老化防止、新陳代謝の促進作用などもあります。
そして、肝臓や腎臓の働きを活発にし、アセトアルデヒドの分解を助け、更に利尿作用もある為、二日酔い防止に、とても効果があります。
また、コーヒー豆は栽培される土地や気候条件、管理の仕方などによって数多くの種類や銘柄があります。
まろやかな酸味と強い香りが特徴のアラビカ種や苦味と渋味が特徴のロブスタ種。
ごく一部の限られた地域でしか栽培されていないリベカ種があり、これらは3大種と呼ばれています。
そして、銘柄には、甘い香りと酸味が特徴のグアデマラや適度な苦味と香ばしさが特徴のブラジル。
そして、香り・酸味・苦味が調和されているブルーマウンテンは、王様と呼ばれています。

check

石垣島のツアー

Last update:2017/10/5

『コーヒー 豆』
最新ツイート

@aaltocoffee

コーヒー豆しかないんですか?って言われる。はい、ドリップパックもリキッドもカフェオレベースも作ってません。 コーヒー豆しかないんですか? 最高の褒め言葉だよね。 これからもずっと、コーヒー豆しか売りません。 それが、アアルトコーヒーの背骨。

3分前 - 2017年12月16日


@marinamiries

ベートーベンはコーヒー豆を必ず60粒数えてから挽いた。 ピアノのレッスンで弟子がミスタッチをしても怒らなかったが、強弱やクレッシェンド・ディミュヌエンドなどの指示を守らないと怒った。ミスタッチは「事故」だが、強弱を守らないのは「… https://t.co/b4qBRuk1iP

5分前 - 2017年12月16日



上へ▲